ある平和な村を襲ったお金の悲劇 (金融詐欺システムの仕組み) 



金融詐欺システムの仕組み   



あるところに、自給自足をしていて、足りないものは物々交換で補っている100人ほどの小さな農村がありました。


そこへ、どこからともなく見知らぬ男が現れます。男は村中をブラブラしながら、しばらく村人たちの生活を観察していました。
...


素朴で疑うことを知らない村人たちは、不審な男へも笑顔で挨拶し、決して豊かとは言えない生活にもかかわらず、家の中に招いて食事をご馳走したり、寝場所を提供したりしてあげたりしました。


何日か過ぎて、男は村人を集めてこう話し出しました。 


「皆さんは何て原始的な生活をしているのでしょう。私が良いモノを教えてあげましょう。」


そう言って、あるモノをみんなに配りはじめました。


「これはお金というものです。これを使えば交換がスムーズに行えますよ」 


男は、野菜作りが得意な人には八百屋を、狩りが得意な人には肉屋を、釣りが得意な人には魚屋を、料理が得意な人にはレストランを、お菓子作りが好きな人には ケーキ屋を、花が好きな人には花屋を、手先の器用な人には大工を、きれい好きな人には掃除屋をと、各人がお店を開くことを勧めました。


それまでは自分の生活に必要なモノを各人がバラバラに作ったり調達したりしていたのですが、男が置いていったお金を使って交換をすることにより、それぞれが自分の得意なことや好きなことを活かして生活ができるようになりました。 


また、作業分担をすることにより、村人同士のつながりも密接になり、静かだった村に活気が出てきました。


1年が過ぎて、再び男が現れ、村人を集めてこう言いました。 


「どうです? お金があると便利でしょ?申し遅れましたが、実は私、銀行家です。この前、皆さんに10万円ずつお貸ししました。来年、また来ますので、それまでに利子をつけて11万円を返してください。もし返していただけない場合は、お店の権利をいただくことになります」


お金のある生活にすっかり慣れてしまった村人たちは、昔のような自給自足の生活に戻る気はありません。お金を貸してくれた銀行家にお礼を支払うのは当然と、利子をつけて返済することを了承しました。 


再び日常生活に戻り、いつも通りに商売に励む日々が続きました。


しかし、なんとなく手元のお金が気になります。すでに11万円持っている人は、お金を減らさないようできるだけ使わないことにしました。また、11万円持っていない人は、足りない分を何とか稼ごうと、もっと儲かる方法はないかとアイデアを捻りはじめました。 


返済日が近づくにつれ、11万円持っていない人は焦り始めます。


「どうしよう。このままだとお店を没収されてしまう……」
仕事の目的が、これまでのように人々が必要とするものを提供することではなく、お金を稼ぐことに変わっていきました。


そして、相手が必要としているかどうかなんて関係なく、とにかく売ってお金を儲けることを目指すようになります。


なんとなく村人同士の関係もギクシャクしてきました。


1年が過ぎ、銀行家は再び村へ戻ってきました。


「さぁ、皆さん、約束どおり、利子をつけてお金を返してください」


10万円を100人に貸したので、村にあるお金は1000万円です。しかし、銀行家へ返すお金の総額は1100万円。当然、返済できない人が出てきます。結局、村人の3分の1が返済できませんでした。村人の中に「勝ち組」と「負け組」が誕生します。


銀行家は「負け組」の人たちに向かってこう言います。


「またお金を貸してあげてもいいのですが、皆さんはどうも商売が上手ではないようです。リスクが高いので、今度は利子を20%にして12万円を返してもらいます。ただし、今度こそ返していただけない場合は、お店の権利をもらいますよ」


銀行家は返済の誓約を得て、再び村人にお金を貸し付けていきました。


「では、また1年後に」





安部芳裕著「金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った」より









♧  ♤  ♧  ♤  ♧  ♤  ♧  ♤  ♧  ♤   



























☞  Now is the time to wake up ! !



☞ 金融マフィア・戦争屋・NWO って何?

 1%の力の源泉 → 通貨発行権 詐欺システム

 戦争への壮大な工作 (竹島を不法占領しているのは韓国ではない)  

☞ なぜシリアが、 今攻撃されているのかを話します。

☞  「犯罪国家アメリカは黙っていろ!」  ファラカ-ン 

 戦うべき相手を知っている欧米人、それを知らない日本人 

 軍産複合体が存続する為に国家に戦争を仕掛けさせる 

☞ 1%戦争屋による戦争誘導工作手口を解明してみた

 時の首相が株主であるコンピュータ会社が、国政選挙の集計システムを独占している。

 TPPは「1%」が「99%」の生存権を奪うツールです

 安倍信者 「友達や家族が喧嘩に遭遇してもあなたは自分だけ逃げて助かろうというのか?」

 幻の映画「ひろしま」再上映

☞ 株式会社アメリカの背後にいる者たち

☞ 日本のめざすべき国の姿がここにある。既に、アイスランドで無血革命が進行している!

☞  真実を暴露し続ける謎の”ツイッタラー”

 スライヴ (THRIVE)  世界支配の陰謀を暴く 

 自衛隊最高司令官の安倍総理、あなたはお国の為に死ねますか?

 

 

「人々は、政府がすべて直してくれると信じています。ほんとうは、私たち自身が政府なのです。」 by John Lennon

 



 がおがお(°□°;) @通貨発行権を奪還せよ!!






自己紹介

自分の写真

  • ア〜ベマフィ〜ア♪(▼ω▼)♭

    『無からおカネを生み出す通貨発行権』を持つ 1%金融資本家戦争マフィア ≒ 欧州貴族植民地支配層 ≒ ディープ・ステート こそ、諸悪の根源。

    彼らは中央銀行、マスコミ、政府、教育、軍産複合体を制御し我々を植民地奴隷支配。

    通貨発行権を取り戻し、記名投票を実施。インターネットで我々自身が集合知メディアになる→解決

    ◆気になったブログ・ツイート・動画の拡散屋をやってます。◆ふぁぼ jazz SNS ◆ノート http://bit.ly/2bGpldn ◆ツイッター名 川上直樹(°□°;)@ムサシ不正選挙糾弾 @gaogao_o  ◆FB名 川上直樹◆右翼も左翼も陰謀論者もゆる~い相互フォロー歓迎!!

ブログ アーカイブ