「批判するなら対案を出せ」と決まり文句を言うネット右翼に対して例え話を書きます



【暴走するバス運転手とその乗客】

Japanese Agency


「批判するなら対案を出せ」と決まり文句を言うネット右翼に対して「保守として安倍政権を倒閣してどうするのか」(facebook.com/JapaneseAgency/posts/780369195315755)(facebookアカウントない方はこちら ☞ 「保守として安倍政権を倒閣してどうするのか」 )を一意見として提示していますが、理解力の乏しい安倍信者のために、誰にでも簡単に説明できる例え話を書きます。

安倍政権の進める壊国政策は、バスの暴走に例えることができます。

政府は運転手であり、国民はその乗客です。乗客の中には、バスの目的地に賛成する人もいれば、最初から反対する人もいますが、日本という巨大なバスを運転する権限を持つのは政府です。乗客の誰もが安心と安全を求め、運転手に賛同する乗客は約束された目的地を目指します。

バスが進んでいる道の少し先に、巨大な岩が見えるのにも関わらず、運転手がアクセルを踏み続けるようであれば、乗客たちは疑問を持ち始め、ブレーキを踏む よう説得します。運転手が聞く耳を持たず、スピードを上げるようであれば、当然乗客たちは抗議します。それでもバスの暴走は止まらず、岩が目前に迫る中、 まともな乗客ならば、衝突を避けるために運転を阻止します。

ところが、乗客の中に、窓から顔を出して他のバスの暴走を嘲笑する人や、「運転手を信じよう」「他に運転できる人はいるのか」「岩に衝突してもこれが近道だ」「避けた道に他の岩があったらどうするんだ」と主張し、抗議を妨害する人がいます。
これが安倍信者です。


「運転手を信じよう」


暴走を続ける運転手を信じれば、バスは岩に衝突します。

「他に運転できる人はいるのか」


先に運転を阻止しなければ、バスは岩に衝突します。

「岩に衝突してもこれが近道だ」


目的地に到着する前に、バスは破壊され、動かなくなります。

「避けた道に他の岩があったらどうするんだ」


避けた道に他の岩があれば、また避けるしかありません。

 


乗客がまずやるべきことは、目前に迫る岩を避けることです。 

衝突を避けてこそ初めて、少しでもまともな運転手を探し、少しでも安全な道を進むことができます。
安倍政権を批判している人たちは、何が何でも目前の危険を回避しなければならないからこそ、抗議して阻止しようとしているのです。
安倍信者のように、生産的でない思考に時間を浪費する人たちの言う通りにすれば、バスはそのまま岩に衝突します。

まともな国民は、危険の回避と安全の確保が第一であり、安倍信者との集団自殺を望んでいません。






自己紹介

自分の写真

  • ア〜ベマフィ〜ア♪(▼ω▼)♭

    『無からおカネを生み出す通貨発行権』を持つ 1%金融資本家戦争マフィア ≒ 欧州貴族植民地支配層 ≒ ディープ・ステート こそ、諸悪の根源。

    彼らは中央銀行、マスコミ、政府、教育、軍産複合体を制御し我々を植民地奴隷支配。

    通貨発行権を取り戻し、記名投票を実施。インターネットで我々自身が集合知メディアになる→解決

    ◆気になったブログ・ツイート・動画の拡散屋をやってます。◆ふぁぼ jazz SNS ◆ノート http://bit.ly/2bGpldn ◆ツイッター名 川上直樹(°□°;)@ムサシ不正選挙糾弾 @gaogao_o  ◆FB名 川上直樹◆右翼も左翼も陰謀論者もゆる~い相互フォロー歓迎!!

ブログ アーカイブ